CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
熱帯地獄化対策13 LEDのススメ
自宅のリビングにある白熱球4つを
LED電球にしました。

リビングは天井が高いので
今までは100Wの白熱球4つで合計400Wだったんですが
今回新しくしたLEDはなんと一つ7.6W。
4つ合計でたったの30.4W

若干今までよりちょこっと暗さを感じるものの
そんなに気になりません。


こうなると家中LEDにしたくなりますね!
でも一個の価格がかなりするので
そうそういっぺんには揃えられません。

まー、でも、かなりお勧めです!
熱帯地獄化対策にはもってこいですね。


熱帯地獄化対策とはこのブログの左のカテゴリーの中から
見る事が出来ます。)
| 熱帯地獄化対策 | 09:18 | - | - |
熱帯地獄化対策12
久しぶりの熱帯地獄化対策です。




ティッシュで鼻をかんだとき、
鼻水がティッシュに付いていない部分って
結構あると思うんですよね。

丁寧に濡れていない部分だけを集めたら結構ありますよ、きっと。
ばっちいのでそれはしませんが、
ここで一つ提案です。
ティッシュのサイズを各辺、1センチずつ小さくしませんか?
メーカーさん。

鼻をかむには十分だと思います。

現在市販されているボックスティッシュの平均的なサイズは
197ミリX217ミリ=42749平方ミリ。
これを各辺10ミリずつ小さくすると
187ミリX207ミリ=38709平方ミリです。

約10%の節約が出来る訳です。


われわれ日本人のティッシュの年間消費量は約50万トン。
これの10%=5万トンが節約出来る訳です。
ティッシュの原料のパルプは
主に計画的に植林された木材が原料ではありますが、
3LDKの木造住宅の木材消費量に換算して7000件分の
木材が節約出来る訳です。
やらないよりはやった方が良いかと思います。

エコ箸も良いですが、エコティッシュもどうでしょう?
メーカーさん!お願いします!





DEVIL-PRO. MUSIC WEBSITE




人気ブログランキングサイトに登録しています。
一日1クリック、応援よろしくお願いします!

ブログランキング【くつろぐ】
| 熱帯地獄化対策 | 11:09 | - | - |
熱帯温暖化対策11
いよいよやってくれました!
バンザイ!JR東日本!
「発電床」開発おめでとう!

この「発電床」、人の歩行によって床に加わる力(振動エネルギー)を
床内部に組み込んだ圧電素子によって、発電を行うシステムだそうです。
要は、「発電床」の上を歩くだけで発電するというもの。
先日東京ビッグサイトで開催された
「エコプロダクツ2008」に出店されました。
完璧です!
既に実験的にJRの改札に置かれているところもあるそうです。


かねてから考えていた「人が歩く力を電気に変えられないか」という
願いを叶えてくれて嬉しいです!
(と偉そうに言いましたが、「発電床」を開発した人はもっともっと前から
考えていたと思います、、、。)



ほかにもずいぶん前からの試みですが、
打ち水大作戦」なんかも勝手ながらdiplog的発想で大好きです。

あと、先日テレビを観ていたら、腕に付ける小型の風車で、
ジョギングくらいの速さで走ると風車が回り、発電するという
発電機が紹介されていました。
ちょっとお茶目なその姿に心を惹かれました。


こういった発想のものがどんどん増えると嬉しいです。
最近、diplogではご無沙汰だったこの「熱帯地獄化対策」のカテゴリー、
もっと積極的に考えていこうと思います。


ん、、今、目の前にセロテープの台が、、。
セロテープを引き出したときの回転を、、。
いや、だったらトイレットペーパーの方が利用頻度が、、、。

え?これじゃ、電力足りませんかね?




人気ブログランキングサイトに登録しています。
一日1クリック、応援よろしくお願いします!
ブログランキング【くつろぐ】

| 熱帯地獄化対策 | 09:27 | - | - |
熱帯地獄化対策10
使い終わったお風呂のお湯ってどうしてます?
大体の人は捨ててしまいますよね。
植木にあげたり、洗濯に使ったりする人もいらっしゃると思いますが
その割合は少ない気がします。

うちは洗濯機と風呂場が遠いので、捨ててしまいます。
毎日もったいないと思いながらも残り湯の排水される音を聞いています。
これ、何かに利用出来ないかなーと思いながら。



水力発電はどうでしょう?



お風呂の栓がありますよね?
この栓に代わるもので水力発電が出来るもの。
その名も「ただじゃ捨てま栓」

普通のゴム栓と同じ大きさの物で、ゴム栓の代わりにはめておきます。
そして残り湯を捨てるときは
「ただじゃ捨てま栓」の上部についているボタンを押します。
すると一部が開口して、そこから残り湯が流れていくのですが
「ただじゃ捨てま栓」に内蔵された水車のようなものが
残り湯の流れる力で回転、そして発電します。

事前に裏についている防水蓋の中に入れておいた充電池に
どんどん充電されていく訳です。

1週間の排水で単三電池一個くらいだったら充電できそうですよね。
そして一日分の寝際の読書くらいの時間は点灯してくれそうです。

費用対効果が高いとは言えませんが
充電池付きで一個¥2,000-くらいまでだったら買うんだけどなー。
誰か作ってくれないですかねー。
「ただじゃ捨てま栓」の商標も誰も取っていなければ
勝手に取っていただいて結構ですので。


人気ブログランキングサイトに登録しています。
一日1クリック、応援よろしくお願いします!

ブログランキング【くつろぐ】

| 熱帯地獄化対策 | 09:50 | - | - |
熱帯地獄化対策9
いつもおなじみ、熱帯地獄化対策です。
少しでも地球熱帯地獄化を防ぐため、
いつでも誰にでも出来る事を提案するというカテゴリーでした。
最近はネタがなくなってきたので
壮大で、すぐにはできないことでも
とりあえずアイデアだけでも出せば、
誰かが実践してくれるのではないかという
他力本願的なものへと変りつつありますが、
言わないよりはましっ!ということで提案します!




ファーストフード店で冷たい飲物を頼んだとき、
何も言わないと氷が山程入ってきます。

この氷、飲み終わった後も結構残ってますよね。
そして帰り際、ごみ箱に捨てるとき
「飲み残し、氷」という所に捨てさせるお店が多いですね。
いつももったいないなーと思いながら捨てています。

例えばこの氷をクーラーの代わりに使う事はできませんかね?


飲み残した氷を店内にあるラジエーターのような入れ物に入れます。
そして後ろから風を送れば結構涼しい風が出て来ると思うんですが。。

え?そんなもんじゃ大した効果はない?

では、検証してみましょう。
スターバックスを例にとります。

今、現在スターバックスの店舗数は全国で776店舗あります。
アイスメニューには

ショート(S)240cc
トール(T)350cc
グランデ(G)470cc
ベンティ(V)590cc

とありますが、今回は少なく見積もってショート(S)を選択します。
氷は大体半分よりも少なめであまります。
これも少なくみて50ccくらいでしょうか。

一店舗で一日にアイスを頼む人ってどのくらいかはわかりませんが、
真夏だったら最低100人くらいはいそうじゃないですか?

っということで
50cc X 100人=5000ccの氷が一店舗で一日に廃棄されると仮定します。
そしてこれを776店舗でかけると

5000cc X 776店舗=3,880,000cc
となります。

解り易くするために重さに換算します。
氷の重さは水1ccが1gに対し氷は1ccで0.917gです。

ですので
3,880,000ccX0.917=3,557,960g



おおよそ3.5tの氷。

1メートル四方の氷の箱が3箱半。



これだけの氷があれば相当効果はあるはずです。
3.5tの氷を一店舗に集める事はできませんが。
各店舗がそれぞれの店舗で有効に使えば
全体でこれだけの無駄だった氷を有効に使う事が出来るのです。



人気ブログランキングサイトに登録しています。
一日1クリックずつ、応援よろしくお願いします!

ブログランキング【くつろぐ】




| 熱帯地獄化対策 | 21:30 | - | - |
熱帯地獄化対策8
久々の熱帯地獄化対策です。

家庭の中で一番電気を食っているものといえばエアコン。
その次はなんだとお思いですか?
冷蔵庫なんです。
省エネ冷蔵庫と言っておりますが、24時間電源が入りっぱなしなので
以外と電気を食うらしいです。

そんな冷蔵庫を壁一面に使っているコンビニエンスストアー。
きっと、これ凄い電力消費量ですよ。
特にああいう業務用は省エネ設計じゃないでしょうし。
少しでも抑えられないですかね、電力消費。


あの、大きな扉。
開ける度にブハ〜、っと冷気が逃げていきます。
これ、かなりの無駄ですよね。
酔っぱらった若者がぺちゃくちゃしゃべりながら
開けっ放しであーだこーだ飲物を選んでいると
後ろからはたきたくなる衝動にかられます。

冷蔵庫の省エネのポイントは、いかに外気温の熱を遮断するか、
もしくは冷気が逃げて外気が入る状況を減らすかです。
ですのでこの場合、ガラスなので熱の遮断は難しいので、
冷気が逃げるのを出来るだけ防げばいいわけです。



大きい扉の中に小さい扉を沢山つけたらどうでしょう?
各商品が取り出せる位置に、
ちょうど一個取り出せるくらいの大きさの
ガラスの引き戸をつけたらどうでしょう?
開閉式のいわゆる扉ではなく、空気の動きが少ないスライド式の引き戸。

かなりの冷気流出を防げるのではないでしょうか。
結果、電気代流出も防げるはずです。

最初はちょっとお金がかかるかもしれませんが、
熱帯地獄化対策のためには実践いただきたいことです。

| 熱帯地獄化対策 | 10:36 | - | - |
熱帯地獄化対策7
先日、プリントアウト用にA4の色付きの紙を買いました。
家に帰って、既に持っていた別のA4の紙と重ねると
微妙に大きさが違います。
横方向でほんの0コンマ何ミリか。
縦方向では1ミリ近く違います。
共にA4の規格のものです。

規格なんてそんなものなんですね。。。


ん?だったらですよ、いっそのこと
今世の中にある規格のある紙類、
Aサイズ、Bサイズ、定型はがき類、封筒類、名刺などなど。
これらを全て現在の規格から縦横1ミリずつ小さくしたらどうですかね?

1ミリくらいだったら、小さくしたところであまり影響なさそうですよね?
プリンターやコピー機の機能変更もしなくて大丈夫そうだし、
見た目、誰も違和感を感じなさそうだし。。
相当な紙資源の節約になるのではないでしょうか?

全世界でこれをやれば、少しは森林伐採に歯止めがかかるのでは?

| 熱帯地獄化対策 | 10:03 | - | - |
熱帯地獄化対策6
あたらしい「やかん」を考えました。

早くお湯が沸くやかん。
やかんでお湯を湧かす際、もっと熱エネルギーを効率的に使えないかと思い
底面の構造を複雑な形のものにすればという結論に達しました。
ボコボコしていたり、沢山の溝が入っていたり。
早くお湯が沸けば熱帯地獄化防止になりますよね。

でもすでにそういうものがないか調べてみたら、、、ありました。
しかも日本が誇るデザイナー柳宗理の商品で。
さすが柳宗理ですね。

でも、上には上がいてアメリカの大学では、ナノテクノロジーを使って
早く沸くやかんを開発しているようです。

何はともあれ熱帯地獄化防止に向けて
皆が足並みを揃える事はいい事ですね。

| 熱帯地獄化対策 | 11:35 | - | - |
熱帯地獄化対策5
誰にでも、いつからでもできる熱帯地獄化対策だったんですが、
それだけだとネタがつきそうなんで
他のアイデアも提案させていただきます。

本日は人力発電です。
と言っても体を動かしたくない人に無理矢理人力発電させるのは
精神衛生上、あまりいいことではありません。

では、自ら進んで体を動かしたい人がいて、
人力発電が出来そうな場所。


そう、スポーツジムです。
様々な器具がありますよね。
それぞれの体力に合わせて、
適当な負荷をかけて動かすことによって体を鍛えます。

この「負荷」の部分を発電能力のあるものに変えるのです。
例えば自転車型のトレーニング器具。
よく、ジムの窓から外を向いて一生懸命こいでいる姿を見かけます。
無駄に負荷をかけるのではなく、ダイナモ(よく自転車についている発電機。
ライトに直結していることが多い)を沢山つけることによって
負荷をかければ発電も可能なはずです。
そしてそのダイナモで発電した電気をバッテリーに蓄電します。

その他の器具でも、今の日本の技術をもってすれば
発電させる事なんで簡単なはずです。
人力で発電することによって、火力発電などによる発電量が抑えられ
熱帯地獄化も軽減されるはずです。

器具メーカーさんには、是非、発電器具の開発をお願いしたいものです。
業界ではきっとひっぱりだこになりますよ。
ジムも発電してもらった電気によって電気代が節約できるでしょうし
トレーニングする方も発電量によって割引があったりすれば嬉しいですよね。
結果、利用者だって増えるはずです。

どうでしょうかこの方程式!
みんなが喜ぶ熱帯地獄化対策ですよね。
| 熱帯地獄化対策 | 09:23 | - | - |
熱帯地獄化対策4
誰にでも、いつからでもできる熱帯地獄化対策第4弾

「就寝10秒前倒し計画」です。

その名の通り、今までよりたった10秒でいいんです。
10秒早く寝てください。
それは今までより10秒早く電気を消すって事でもあります。
こんなこと簡単ですよね?

寝室の電気を仮に100ワットとします。
100Wの電球を今までより10秒早く消すとどうなるか。



日本の総世帯数4678万世帯全てが今までより10秒早く消すと
100ワットの電球1個の5414日(およそ15年)分の電力か
100ワットの電球5414個の一日分の電力を節約した事に相当します。
10秒なら無理もないし、誰にでも続けられるはずです。

さらに全国の会社や店舗で実行してみましょう。
たった10秒早く終業、店じまいすればいいんです。
さらなる電力節約になるはずです。

それだけ節約すれば熱帯地獄化の原因でもある
二酸化炭素削減にもつながりますね。

ただ、気をつけてください。
始まり(起床時間や始業時間)はいつも通りでお願いします。
始まりまで10秒早めてしまうと今までと同じ事ですからね。

| 熱帯地獄化対策 | 09:47 | - | - |
| 1/2PAGES | >>